デッドポイントの見つけ方

こんにちは!バンブーの三方(ミカタ)です!

今日はエレキギターのデッドポイントの見つけ方を
ひとつ紹介ばしようかと思います(^^)

先に「デッドポイントって何??」という人のために
簡単に説明ば('ω')ノ
一言で「デッドポイント」と言っても人によって
音作りや演奏環境が違うので解釈に違いがあるんですが
今回は「ウルフトーン」と言われるウネリについてです(^^)
三方が自作ストラトでメチャ苦労してるのもこの類です。。。
ヴァイオリンやチェロなど弓で弦を擦って演奏する楽器で
起こりやすいと言われてるんですがギターも発生します(゜o゜)
では「ウルフトーン」と呼ばれるウネリとは何か??
これは弦鳴りとボディ鳴りが関係してきます。
「弦の揺れ」と「ボディの揺れ」がお互いに干渉して
打ち消し合ってしまうことで特定のポジションを弾くと
「ウワンウワン」と音にウネリが発生します(>_<)
まるで狼が遠吠えしてるみたいとのことで
このウネリを「ウルフトーン」と言います(゜o゜)
特に鳴りが良い(倍音が多い)場合に発生しやすく
解消するのが難しい類でもあります(T_T)
パーツ交換してネックやボディの重量バランスを変えたり
調整で余計な倍音を無くすなどで解決することもあるけど
ウルフトーンが発生するポイントが移動するだけで
根本的な解決が出来ない場合も多々あります(>_<)
メーカーによって木材の重量に条件を設けてたりするのも
これが関係してることがあります('ω')ノ

で、誰でも簡単にウルフトーンを見つける方法は
「歪を深く掛けて1音1音を伸ばして確認」です('ω')ノ
クリーンでは十分に聴き取れない倍音があるので
歪を深く掛けて倍音を強調することでウルフトーンが
顔を出してきます(;゚Д゚)
音を伸ばして確認することも大事です( `ー´)ノ
「歪ませて弾かないから関係ない」ということはなく
音が反転してることに気づけない人もいます。
深く歪ませることでウネリや音が反転してることに
気づき易くなります(^^)
でも、ウネリがあるポイントを見つけたところで
解決には重量バランスを変えたり弦ゲージ変えたり
倍音の出方を変えたりと大変なことが多いです。
最悪、ネックorボディの交換が必要だったり(*_*)
先述してるとおり
鳴りが良い(倍音が多い)場合に発生しやすく
解消するのが難しい類なんです。
生音デカいけど音にウネリがあるギターと
生音小さいけど音にウネリがないギターでは
後者の方が圧倒的に演奏に向いてますよね(^^)
結局アンプから音出すから生音のデカさより
出音の方が重要ですし・・・・。
鳴るギターを探すときの参考にしてはどうでしょう??
ではでは。。。。

また懲りずに・・・・

こんにちは!バンブーの三方(ミカタ)です!

昨日は買い出しから22時にスタジオに戻ってから
自作ストラトのデッドポイントの問題を考えてたら
新しく習得した調整方法で解決できるのは??と思い
また懲りずに作業に入りました(*_*)
ブリッジをVG300にして調整で余分な倍音を押さえ
濁りの無い響きにすれば解決するかもと・・・。
結果、弦が揺れ易く余計な倍音が多かったVG300が
スッキリしめちゃ綺麗な響きに豹変しました(゜o゜)
VG300とVS100の良いとこ取りみたいです!
一人で感動しつつ、デッドポイントのチェックしたら
解決してませんでした(T_T)
それでも諦めずに「もしかしてPUの磁力か?」と
通常では有り得ないほど極端にPUを下げた結果
デッドポイントの音揺れの間隔に変化があり
磁力の影響を受けていることが分かりました('ω')ノ
3弦12Fの音と共鳴する倍音が強くて揺らぎが出るので
3弦が高いTexas Specialとは相性が悪いようです(*_*)
なので、フラットに近いPUだと解決するかも?と
サーキット丸ごとJamesTylerに戻すことにしました。

次の日も早いから帰って寝ないとダメなのに
ブースト回路や電池スナップなど配線をやり直し
ピックガードのネジ穴を埋めて開け直し
ネック調整&弦高&弦R&新たな調整を施し
PUの高さ調整も入念に繰り返し・・・・・(*_*;
「はよ帰って寝ろ!」と言い聞かせつつ。。。。。
時計は2時半になってました、、、、

結果、デッドポイントの問題が解決です!!!!
余計な倍音がなくなり雑味がない響きになったことで
あんだけブーミーで使いづらかったミッドブーストも
めちゃくちゃ使いやすくなりました(゜o゜)
嫌な高域成分も抑えることが出来てます!
ただ単にPU調整で解決できるものじゃなかったです。
このサーキットを譲ってもらった当初は
「何でJamesTylerはこのブーストを選んだんだ?」と
疑問だったんですが「これか!!」と感激です(>_<)
ここに辿り着くまで長かったです。
新しく習得した調整方法のおかげでパズルのように
問題が解決していきました(^^)
目的に合わせて雑味を取るか残すか?を調整できるのは
かなり守備範囲が広くなります('ω')ノ
もう暫くこの調整を煮詰めて安定して提供できるレベルに
達するよう頑張ります( `ー´)ノ
ではでは。。。。

出音の調整

こんにちは!バンブーの三方(ミカタ)です!

新しい調整方法で余分な倍音を無くすことが出来て
雑味が無いクリアな音像にすることが出来たので
今度は生音ではなく出音の調整です('ω')ノ
Volを絞った時のハイ落ち防止のために
FenderのTONE SAVERを選びました(^^)
TONEにはNAZCAの0.068uF 630Vのコンデンサーで
音の重心を下げようかと。。。。
自作ストラトにもTONE SAVERは組み込んだんですが
しばらく使ってみて相当優秀だと感じました!
所感は若干ハイ落ちするイメージがあったんですが
ただ単にアンプの出力が下がってハイが落ち着いただけで
実際はハイからローまでバランス良い状態のままです。
少し値段は高いけどハイパス探してる方にオススメです!
続いて、NAZCAのコンデンサーはチャリチャリしたハイが減り
ストラトらしさが出てきましたがローがデカすぎです(*_*)
TONEを絞った時もスムーズな変化ではなく扱い辛いので
結局、元に戻しました(*_*)
次は求める操作感と音のコンデンサー探そうかと('ω')ノ
今日は今からミヅキに店番お願いして
三方は買い出しやらで出払いますm(__)m
22時頃には戻ります('ω')ノ
ではでは。。。。。

消耗10セット以上!?

こんばんわ!バンブーの三方(ミカタ)です!

毎日毎日思いついた調整方法を色々と試すんですが
改造ストラトの分も合わせて今月10セット以上もの
弦を消耗しました(;゚Д゚)
もう狂気じみてます・・・・(*_*)
でも!
そのお陰で相当レベルアップを実感です(^^)
今回習得した技術や知識の一例ですが・・・
倍音豊かにするかスッキリした響きにするか
パーツ交換ではなく調整の方法を変えるだけで
調整する方法を見つけました( `ー´)ノ
これめちゃくちゃ違います(゜o゜)
見つけたと言っても第一線で活躍するテックは
既に知ってることかもですが・・・(*_*;
でも、この方法を見つけるまで相当苦労したのと
独自の強みになるので詳細は伏せますm(__)m

調整に使用するチューナーも目的に合わせて
精度が高いクロマチックを使用するか
少し精度が劣るクリップを使用するか?
ちなみにクリップ式の方が今回習得した方法では
精度が高い仕上がりになります(゜o゜)
あまり突き詰められることがない調整ですが
情報がないからこそ大きな収穫になります(^^)
弦10セット以上の消耗で約1万円掛かってるけど
この一例だけで値段以上の価値ありでした(゜o゜)
既存の調整方法に囚われず色々と試してはどうでしょう?
ではでは。。。。

レスポールベース

こんばんわ!バンブーの三方(ミカタ)です!

昼間は落ち着いてたので自分の作業ばしてたんですが
夕方からメンテ&調整依頼などが立て込んで
バタバタしております(゜o゜)
調整の相談に来てくれる方や会社帰りで通りすがりに
ギターの調整をしている姿を見て相談に入店したり
認知されてきたのは嬉しいですね(^^)
スタジオ業務も並行して作業してるので
緊急時以外は予約制で対応しておりますm(__)m

で、今日はレスポールベースの調整&メンテです('ω')ノ
ネックの反りが大きく弦高が非常に高くなっていて
オクターブも合っていない状態でしたが
何度かネックの反りと弦高の組み合わせを試し
かなり弾き易くなりました(^^)
楽器を始めたばかりだと適正な状態か知る由もなく
弾くのが難しい状態に気づかないことも多いんですが
こうして調整した状態を体験してもらうことで
調整の重要性を認識してもらえるキッカケにもなります。
状態が良い楽器で練習すると上達も早くなりますよ('ω')ノ
それに状態不良だと弾き手だけでなく楽器にも
負荷が掛かるので日頃から調整しておきましょう(^^)
ではでは。。。。。

弦にハンダ付け??

こんばんわ!バンブーの三方(ミカタ)です!

最近、コーティング弦で人気のエリクサーで
「張り替え中にエンド部がほどけた」という話を
お客さんから聞くことが数件続いてます(;゚Д゚)
少し前にも1弦が切ってないのにペグ1周分しか
巻けない長さだったり、新品なのにサビが出てたりなど
悪い話を聞くことがありました(*_*)
一時的な生産ロットの問題であって欲しいですね(-"-)

で、今回は稀にギターテックが弦交換時にやっている
エンド部のほどけを防ぐ技ば紹介です('ω')ノ

それは「弦にハンダ付けする」ということです(゜o゜)
エンド部で弦が巻かれてる箇所にハンダをつけると
ほどけを未然に防げるということです(^^)
そう滅多に遭遇しないことなので三方はしてません。
エンド部でほどけたら同じパックの弦は不安なので
勿体なくても念のため全弦を張り直します('ω')ノ
写真は切れた弦でハンダ付けしてみました(^^)
興味ある方は試してはどうでしょう??
ではでは。。。。。

ネック交換時の注意

こんにちは!バンブーの三方(ミカタ)です!

今日は持ち込みでベースのネック交換作業です(^^)
近年はギターやベースのパーツも充実してるので
DIYや自分の好きなパーツで組み替える人も増えて
演奏とは別に楽しみ方が浸透してますね('ω')ノ
で、自分で選んだボディやネックで組み込む人は
注意が必要です( `ー´)ノ

フェンダー系やギブソン系など同じ系統であれば
そのまま交換できると思ってる人が多いんですが
そんな簡単な話ではないんです(゜o゜)

色々と注意点はありますが前提として
・スケール
・ネックポケットの深さ
・ネックの差し込み角
が合っていないとパーツの調整範囲を超えてしまい
使えないことが多々あります(*_*;
シムやパーツ交換で解決できれば良いですが
大掛かりな加工が必要になることもあります(;゚Д゚)
同じFenderのストラト用やジャズベース用ですら
ポケットの深さや差し込み角が違うことがあります。

で、上記をクリアして取付する段階で
めちゃくちゃ重要なのがセンター出しです( `ー´)ノ
これはネックにボルト穴を開ける前に
正確に、慎重に、念入りにチェックします!
何度もチェックします( `ー´)ノ
超大事なので何度も何度もチェックしましょう!!
DIYや自分で取り付けた人のギターやベースは
結構ズレてることが多いです(*_*)
ボルトオンのギターはある程度のズレは
修正が出来るようポケットに余地がありますが
「ボルト無しでもネックが外れません!」と
精度を謳っているようなギチギチのギターだと
センターズレの修正は個人では厳しいです(*_*)
余地があるからとセンター出しをせずに取り付けると
その余地以上のズレが発生してしまいます。

簡単そうに見えて意外と落とし穴があります(*_*)
ではでは。。。。。

フレット成形の練習

こんにちは!バンブーの三方(ミカタ)です!

最近ずっと自作ストラトに付きっきりだったので
MusicMasterのメンテばしようかと(^^)
で、フレットの頭が平らになってきた箇所があるので
練習を兼ねて成形ばしました( `ー´)ノ
ビビりは許容範囲内なので頭を丸める成形だけです。
フレットの頭が平らになっていると
ビビりや変な倍音の原因にもなります(;゚Д゚)

フレットのサイズに合ったフレットヤスリを準備して
フレットをマジックで色付けします(゜o゜)
こうすることで削っていくと頂点のみマジックが残り
頂点を削ってしまうことを防げます('ω')ノ
それだけでなく頂点がちゃんと直線になってるか
チェックも容易になるのでオススメです。
光を当ててチェックすることも出来ますが
このやり方だと確実です(^^)
フレットヤスリは決して力を入れず優しくしましょう!
力を入れると傷が深く入ってしまうだけでなく
フレットヤスリも痛めてしまいます(*_*)
丸め終わったら順番に1000~2500番のペーパーで
傷を消していきます。
もし傷が深い場合は800番などからスタートです。
力を入れずフレットの頂点を削るのは最小限に抑えて
仕上げていきます(^^)
ペーパーを治具や指にはめてフレットを撫でるように
動かして傷を消していくとキレイに頭が丸まります。
横から見てフレットが左右均等に丸まってるかを
細目にチェックしながらするのもコツです('ω')ノ

フレットヤスリは頂点を削るものではないので
もしチャレンジする人は気を付けましょう(*_*)
ではでは。。。。

干渉しないように・・・

こんにちは!バンブーの三方(ミカタ)です!

今日も早朝から営業だったので寝不足にならないよう
昨日は作業したい衝動を抑えて今日作業しております('ω')ノ

今日はトレモロのブリッジでお勧めの小技ば紹介です(^^)
VG300のようにブリッジ駒の隙間が狭いトレモロは
調整時に名刺を切って隙間に挿しておきます('ω')ノ
これだけでブリッジが干渉して変な倍音が出ることを
抑えることが出来ます(^^)

今日は気になるフレットの擦り合わせも行い
一から全調整をやり直してます(-.-)
ブリッジはVG300で調整をしてるんですが
3弦12Fがデッドポイントの改善策が思い浮かばず
暗礁に乗り上げております(-.-)
生音はVG300の方が好きなんですが
アンプの出音ではVS100の方がデッドポイントが
少し緩和されるのでまたVS100へ戻しました。。。。
VS100でもボディ鳴りを向上させるように
スタッド部とスプリング部で調整をし
今日一日で2度弦貼り替え&調整しました(*_*)
閉店後にアンプから音出して調整終えたら
もう良かろうが悪かろうが暫く放置です・・・・。
ではでは。。。。

鳴りを考える

こんばんわ!バンブーの三方(ミカタ)です!

今日は早朝から学生バンドが練習に励んでて
また日の出撮ろうと思ったら一足遅かったです(-.-)
三方は今日5時起きだったんですが昨日の閉店後に
あれこれギターの調整を試して気づいたら
深夜2時過ぎてました(*_*)
眠すぎてカウンター内で仮眠を繰り返してますm(__)m

最近、ギターの鳴りについて触れることが多いので
もう少し鳴りについて深堀した話をしようかと('ω')ノ
分かりやすいようにシンプルにしたつもりが
長文になりました(*_*;

「鳴りが良い」=「生音が大きい」と考えてる人は
多いんではないでしょうか?

誤解を恐れず言うと「生音が大きい」ということは
ボディの響きが大きく倍音が多いことを意味します。
ストラトとエレアコを比べたら
エレアコの方が生音が大きいですよね。
ボディが空洞で音が増幅されやすく
トップが薄く振動しやすいので倍音も出ます。
生音が大きく倍音が多くある「鳴りが良い」と
言われるギターの極端なモデルとして比較です('ω')ノ
ボディが振動しやすいので弦振動が吸収されやすく
サスティーンは短くなります。
エレアコで歪ませたらハウリングも起こしやすいし
ボワーと音がダマになりますよね(;゚Д゚)

で、エレアコに比べるとストラトは
「生音が小さい」「倍音が少ない」ので
所謂「鳴らない」ギターということになります。
でも、エレアコと比べると
ボディが振動しないので弦振動が吸収されず
サスティーンは長くなります。
倍音が少ないので歪ませてもハウリングにも強く
音がダマになりません。

今回は極端な例としてストラトとエレアコにしましたが
このように同じストラトでも違いがある訳です。
ただ単に生音が大きく倍音が多いだけだと
演奏ジャンルや状況によって使いづらくなります(-.-)

何度かブログに書いてる通り「鳴り」には
「弦鳴り」「ネック鳴り」「ボディ鳴り」と大きく3つあり
それぞれのバランスが重要です。
ただ単に生音が大きかったり倍音が多いと
原音と倍音が打ち消し合うポイントも出てきます。

「鳴りが良い」=「生音が大きい」という考えの人は
生音の大小だけで良し悪しを判断していることが多いため
上記例のように倍音が邪魔してないかなど音量以外を
考える必要があります。
でも、それよりも大事なことがあるんです(*_*)

そもそも「調整をちゃんとしてるか?」です( `ー´)ノ

極端な低弦高だとボディに伝わる振動は減って
ボディが鳴らなくなります。
弦高を下げると弦がブリッジ駒を下に押し付ける力が
弱まるのでボディに弦振動が伝わり難くなります。
また、フレットRと比べて弦Rが平らになってる場合も
ダイナミクスが出なくなるため鳴りが抑えられます。
ネックをちゃんとトラスロッドが内部で接地するように
調整をしているかで鳴りも変わるし・・・。
他にも重要なポイントはありますが
「生音の大きさ」だけで良し悪しを判断してる人は
調整で感想が変わることが多いです(゜o゜)
生音の大きさだけで判断していると
せっかくの良いギターを見逃がすかもですよ(;゚Д゚)

でも・・・・極々稀に
この説明を全部覆す全てを兼ね備えたような
モンスターがあるのも事実なんですよね(-.-)
ではでは。。。。。